就活サイトの意外な活用法についてぶっちゃける!

2019年卒の就活が3月1日でとうとう今年も解禁しました。(ことになりました)

今日は就活生の多くが利用する就活サイトについて
就活生が思いもしないような、活用法があるのでその情報について提供しようと思います。
スポンサーリンク

就活サイト のビジネスモデルから見る意外な活用法とは!?

就活サイトの活用法について言及する前に就活サイトのビジネスモデルを簡単に説明しないといけません。
就活サイトは選考情報や就活に関連する記事を提供し、就活生を集めています。
そういった情報による集客力を活かして、企業の広告を掲載するという方法もマネタイズの一つの方法ではあります。
しかし、広告による収入だけでは多くの従業員の賃金を賄いきれません。
実際は他の方法をメインに就活サイトは収益化に成功しているのです。
 
その方法とは何か?
 
答えは「企業に対しての就活生の斡旋」です。
就活サイトはWebやリアルといったあらゆるチャネルを介して就活生の情報を大量に手に入れる事ができます。(A君の内定先企業、Bさんの選考状況など)
こうした情報を元に、クライアントである大企業の人事に採用のコンサルティングを実施しているわけです!
以下は実際の採用コンサルティングの一例。
「あなたの会社の選考を受けているA君は某外資系投資銀行の内定を持っています。内定を出すか悩んでいるかもしれませんが、一定の能力の担保はされているのではないでしょうか」
このように就活サイト側は”情報”を武器にしたコンサルティングによって、収益をあげています。
 
ここまできたら賢い読書の方は気づくかもしれません。
内定の近道として、選考情報を得るだけでは就活サイトを使い倒しているとはもはや言えません。
就活サイトが開催するイベントに積極的に参加し、”優秀な就活生”と判断してもらえれば、超一流企業へ斡旋してもらえる可能性があります!そうやって優秀な学生と判断されることを狙うわけです!
事実、就活サイト(外資○活、ワ○キャリア)のイベント(内定者座談会など)を通じて、三菱商事!、三井物産、伊藤忠商事といった五大商社はじめ、電通、博報堂、三井不動産といった超一流企業への斡旋をしてもらった就活生たちがいるという情報をキャッチしています。
彼らは就活サイトが主催するイベント(GDセミナーなど)に参加し、評価されたらしいです。
 
世の中で言われている通り、新卒一括採用とは見かけだけ。
行きたい企業への就職を実現する為にも就活サイトを使い倒してみたら如何でしょうか。
こうしたことが当たり前のように裏では行われているのです。
正直な話、就活は弱肉強者の世界です。情報を持っていない就活生は圧倒的に有利です。
私、バードマンはそうした情報の非対称性からくる就活の不公平さを無くし、一人一人が想い通りのキャリアを描ける手伝いをしたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク